タトゥーとの違い

正直に言いますとタトゥーとどこが違うかと問われれば、色素を埋め込む範囲がごく浅い層になるという点ですが、施術は局部麻酔をかけて医療技術者が行いますから、ゴムでぺちんとたたかれた程度の痛みですみます。しかしながら痛みを受ける感覚は個人差がありますから、それでも痛いと感じる人は少なからずいます。

入れ墨はいちど入れると皮膚を剥がさない限り半永久的にとれませんが、アートメイクは2~3年で薄くなっていきますし、強制的に色素を除去したいなら、同じクリニックでレーザー照射や場所によってはコンシーラーを使って落とす事ができます。デザインは時代的な流れもありますから、最初のカウンセリングでしっかり担当者と相談しながら納得のできる形を決めていきます。

リスクとメリットも丁寧に説明を受けますからそこでアートメイクをやめても良いのです。施術がおすすめなのは眉、アイライン、脣です。いずれの箇所も多くの女性がうまく描けずに苦労しているところであり、顔のうちで最も目につく場所でもあります。描き方次第では雰囲気もがらりと変わりますし、場合によっては人間性まで評価されてしまいがちですから、神経を使います。

ただし流行もありますから途中で簡単に消す事ができないのは入れ墨と一緒ですから、デザインを変えたい時に備えてうっすらと色を入れていくクリニックが大半です。