必ずクリニックで

2006年から2011年の5年間で国民生活センターへ、アートメイク関連で寄せられた苦情が100件を越えた事を受けて、行政ではアートメイクは医療行為であると認定して、全国で一斉に取り締まりを強化しました。その結果違法行為で摘発を受けるサロンや施設が未だに後をたちません。その苦情の内容を見ると施術を受けたアイラインの上のまぶたが赤く晴れ上がり、目が曇っているといったものから始まって、深刻な感染症や皮膚炎を発症した例がほとんどです。

実態を見ると、大変不衛生な状況下で施術を行っていたケースや、医療知識のないものが見よう見まねで行っていたという、大変ずさんな実態が浮き彫りとなりました。アートメイクはリスクの高い施術である事と麻酔を使う関係上妊婦やアレルギー体質の人には推奨されません。FDA認可薬剤は医療資格を保有する者のみに提供されますから、サロンで使用している阻色素素材は偽物であり入手先の怪しいものがほとんどですから、アートメイクは必ずクリニックで受けましょう

アートメイクは医師の管理下で行われる医療行為です。

クリニックのすべてがアートメイクを扱っているわけではありませんから、利用できる施設はかなり限定されてしまうのですが色素素材にFDA認可薬剤を使用している事と実績のある信頼できるクリニックがおすすめです。